釧路近くの阿寒川でニジマス・サクラマス釣り【20年7月北海道トラウト渓流釣り③】

投稿日: 2020-07-20更新日:

庶路川で律儀に大物だけバラし、小魚だけ釣り上げた私は、阿寒川に移動してきました。

数年前に阿寒湖の近くのキャッチ・アンド・リリース区間で釣りをしましたが、それよりかなり下流域です。

【釧路から1時間強・阿寒川ニジマスルアー釣り】釣れない巨大ニジマスに翻弄される

無料で釣りができて、かつキャッチ・アンド・リリース区間で放流された大きなニジマスも降りてきているかもしれません。

 

阿寒川阿寒町の北泉開発社近く

注意
阿寒川では6月7月にはサクラマスが掛かる可能性があることがわかりました、この場所でトラウトを狙って釣りをすること自体が咎められる可能性もあるので、注意が必要です。

 

阿寒川の街中近くを流れているので私が宿泊したゲストハウスコケコッコーからも近く、ランチにお店に入ることが出来る手軽さも魅力です。

 

阿寒町阿寒川ヤマメニジマス釣り

 

水量が豊富で押しも強いので、太いニジマスが期待できそうな気がします。

大きな魚が掛かっても問題ないよう、ドラグをきちんと調整してミノーを投げ続けると、魚が掛かりました。

 

阿寒町阿寒川ヤマメニジマス釣り

 

小さなヤマメです。龍のように大きなこの川の規模感から考えれば、龍の毛穴のようなサイズのヤマメです。

と格好を付けてみたものの、魚を見ると子供のようにニンマリしてしまいます。

続けてやはり手のひらサイズのヤマメが釣れました。

 

阿寒町阿寒川ヤマメニジマス釣り

 

さらにミノーを投げていると、

「ドン」

という、鯉でも掛かったのかというくらいの重い引きが来ました。

下流に向かって投げていたので、川の流れも加わってしばらく体験したことのないような引きです。

ニジマスならば水面からバンバン飛び出すかと備えていましたが、そのような気配はありません。

前日に庶路川でも同じように大きな魚をバラしているので慎重に、かつ「釣れたらあいつらとあいつに写真を送って自慢してやろう」などと不遜なことは考えずに無心でやり取りします。

高校球児のそれのように、釣り人の純粋にこそ成果が実るはずです。

 

時間をかけて、なんとか大物を足元まで寄せてくると突然、

 

「すん」

 

と重みがなくなりました。

大物は針を口から外して、昨日のあいつのように、何事も無かったかのように悠々と流れの中に帰って行きました。

 

・・・。

 

大きな魚とやりとりをした経験が少なく、モジモジしながらリールを巻くことしかできない純心には、大物を釣り上げることなど出来ないのでしょうか。

(ちなみにこのときに掛けた魚はサクラマスであった可能性が高いことが後で判明します。)

 

邪気払いに移動をしようと、川から出ます。

北海道の河川は本州と違い、川に沿って道路が無いところが多く、道路に出るまでに大変な藪こぎをすることが多いです。

このときも適当な位置で川から道路に向かって歩き出したところ、自分の背丈よりやや低い草をかき分けて15分ほど歩くことになりました。

 

阿寒川藪こぎ

 

ほとんど踏み跡が無く、一歩ずつコシの強い野草を押しのける必要があるので、膝は鉛を付けているかのような重さです。

平地の15分であれば鼻歌を歌いながら楽しく歩けるものですが、いつ終わるかもわからない、自分の足元しか見えず、突然野生動物が出てくるかもしれない恐怖の中での15分は、さながらベトコンに怯えながら密林を行く、繊細な若い米兵の気持ちです。

Googleの航空写真で川と道路が近づいているところを見つけてから、道路に出るのが良さそうです。

 

 

阿寒川 阿寒町のサイクリングロードあたり

注意
阿寒川では6月7月にはサクラマスが掛かる可能性があることがわかりました、この場所でトラウトを狙って釣りをすること自体が咎められる可能性もあるので、注意が必要です。

 

マップではカーブしていますが、実際にはここで行き止まりになっています。

会社の敷地のようにも見えましたが一声かけたところ「駐車して良いよ」とのことだったので停めさせて頂きました。

 

阿寒町阿寒川ヤマメニジマス釣り

 

先程のような大物が掛かることは無く、小さなニジマスが釣れてきます。

 

阿寒町阿寒川ヤマメニジマス釣り

 

ニジマスは小さくてもバンバン水面から飛び出してくれるので楽しめます。

大きなニジマスにも対応できるようにと用意した、6ポンドのPEラインと8ポンドのリーダーは泣いているでしょうが・・・。

さらに流れのゆるいところにミノーを投げると、北海道名物のウグイも掛かりました。

 

 

あぁ切ない。ウグイに喜んでカメラを構えるなんて。

既に夕暮れは迫っており、暗くなると熊のリスクが上がるという話も聞くので本日の釣りは終了かとも思いましたが、どうしても諦められません。

私の辞書に「諦め」という文字はありますが、漢字が苦手なので読めないのです。「シメ」かな。。

 

 

* * *

暗くなる空に焦りながら、朝入った阿寒川北町から再度川に入り直します。

夜行性の熊が恐いので、必要以上に鈴をリンリン鳴らしながらルアーを投げます。

夕方を狙って釣りをしているというよりも、ただの未練で竿を振り続けている情けない自分を恥じていると、朝方に大きな魚を掛けた場所(橋の下)と同じところで、竿に重みが走ります。

どうせ根がかりとも思いましたが、たしかにその根がかりは首を振っているようです。

先程、本物の根がかりを外したときにドラグをキツく締めてしまって居たので、片腕でロッドを持ち、もう片方の手でドラグをゆるめようとします。

 

ネジを逆向きに回せばドラグが緩むことは理解しているのですが、ネジが自分の方に向いていることと、魚の重みで冷静さを無くしており、ドラグを締めたり緩めたり、モタモタしています。

私がユーチューバーで無くて、良かった。

ヘッピリ腰でドラグをごちゃごちゃしている釣り人の映像など、心の広い視聴者といえども許してはくれないでしょう。

しかしモタモタしている私に同情するかのように、魚が岸に打ち上げられてくれました。

 

何だ、この魚は?

 

北海道道東釧路阿寒川サクラマス釣り

 

この時点では何という魚かわかりませんでしたが、複数人に確認したところサクラマスのメスらしいということがわかりました。

サクラマスを釣ると犯罪に問われかねないので、簡単に写真を撮影して川にリリースします。

河川で釣り上げたサクラマスは、その場でリリースしたとしても「針に掛けた瞬間犯罪」という不思議なルールがあるので、この場所からは立ち去ることにします。

詳細は北海道の河川でのサクラマス釣りのルールにまとめました。

北海道の河川でのサクラマスは禁止!10万円以下の罰則があるけど法律はめちゃくちゃ?

 

次は大きなニジマスが狙えることで有名な利別川へと移動します。

巨大ニジマスが居る?!北見から1時間の利別川でトラウト釣り【20年7月北海道渓流釣り④】

 

*  *  *

私が当日使った安物のルアータックル一覧です。あまり参考にされない方がよろしいかと思います。

 

【ロッド】ブラックバス用の安いルアー竿

created by Rinker
PRO MARINE(プロマリン)
¥3,806 (2020/08/09 14:11:22時点 Amazon調べ-詳細)

【リール】1,000番の小さなリール

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥4,651 (2020/08/09 13:40:28時点 Amazon調べ-詳細)

【ライン】6ポンドのナイロンライン

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥997 (2020/08/09 08:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

【ルアー①】リュウキ50シンキング

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥1,088 (2020/08/09 13:52:37時点 Amazon調べ-詳細)

【ルアー②】スプーン・pure3.5g

created by Rinker
スミス(Smith)
¥466 (2020/08/09 14:11:23時点 Amazon調べ-詳細)

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが